年代別のお肌の悩みと意外な解決策

年齢によってお肌の悩みは変わってくると思います。私なりに思い出してみると、10代はニキビと日焼け。20代はニキビと日焼けとシミ。30代は日焼けとシミと毛穴。40代は日焼けとシミと毛穴としわ。50代は日焼けとシミと毛穴としわとほうれい線とたるみ。

http://www.musee-alambic.com/

なかでも40代からのお肌の悩みは30代までのそれとは違ったような気がします。単純なお肌の変化の他に、シミと毛穴としわによる見た目の変化やほうれい線とたるみによる顔立ち(鼻から下が伸びる)の変化等によって老化を意識するようになりました。顔立ちの変化を受け入れるのに少し時間がかかりました。首の変化も見逃せません。50代になって首と顔の境目があやしくなって首のたるみを実感しました。デコルテの日焼けとシミによりネックレスの長さを改めて意識するようになりました。

腕の日焼けとシミとたるみも実感しました。これらの悩み解決に重要なのは日焼け対策のような気がします。

ファンデーションを塗らなくても日焼け止めが塗ったほうが良いと聞きます。私の場合日焼け対策を重要視してきませんでした。その結果が現在の見た目に影響しているのかもと思っています。そして、それらすべてをカバーすることが出来るとしたらそれは笑顔なのかもしれません。だから、お肌のお手入れをするのと同時に笑顔の習慣を身に付けるといいかもしれません。