ストレスで寝つけない場合の対処法を教えます!

 ストレスが溜まり体調不良になったりはしていませんか?ストレス解消には睡眠が良いとされています。しかし、場合によっては寝つけないこともあると思います。その解決方を提示します!うまく寝つけないときは目を閉じていても考え事をしてしまい寝れないことがあります。つまり考え事をやめれば良いのです。しかし、それは簡単なことではありません。

●眠りにつく方法とは

 考え事をしてしまうのは目を閉じている間は他に集中することがないために行ってしまいます。考えることに没頭しないための方法を二つお教えいたします。

 一つ目は呼吸を深くすることです。呼吸は体の調子を整えることに非常に重要で、ヨガや瞑想でも決まった呼吸を行うことで体を落ち着けるということを行っています。人が寝るときの呼吸はゆっくりとした深い呼吸をしています。逆に体が興奮しているときは浅く早い呼吸を行っています。ゆっくりした深い呼吸は副交感神経を活発にさせ、浅く早い呼吸は交感神経を活発にします。交感神経が活発になると脳が興奮し眠れなくなってしまいます。反対に副交感神経が活発になると脳がリラックスして眠りやすくなります。また、吐く息に意識を向けるとより副交感神経が活発になります。

 二つ目は足から腕に順番に力を入れては抜くことを繰り返すことです。これは左足に力を入れて抜き、次は右足、次は左手そして右手へと順番に繰り返し行います。これは無意識に体に力が入っている場合に体の力を抜きリラックスさせることが目的となっています。力を入れる時に息を吸い、力を抜くときに息を吐くようにするとより力が抜けやすくなります。

●実践のコツ

 これらの方法を実践する時は考えすぎは良くないです。ですので自分がベッドに沈むイメージをしながら行うと余計なことを考えずに行えます・